コンテンツへスキップ →

ビーガンは関節痛を半減させることができる、新たな研究結果

低脂肪の植物性食品は、関節の腫れや関節リウマチに関連する痛みを有意に減少させた

「American Journal of Lifestyle Medicine」からの新しい研究によると、完全に植物由来の食事が、関節リウマチという、自己免疫疾患の一つで、関節に炎症、痛み、腫れ、こわばりを引き起こし、最終的には関節に永久的な損傷を与える疾患の痛みや症状を軽減する鍵になるかもしれないそうです。

肉類、乳製品、関節リウマチ

過去に関節リウマチと診断された44名の被験者を対象に、肉類と乳製品を除去した場合の健康への影響を調査しました。

その結果、カロリー制限をしない低脂肪のヴィーガン食を続けたところ、症状の重篤度に有意な改善が見られました。参加者はまた、体重減少と血清コレステロール値の改善を経験した。 

研究内容

研究開始時に、参加者は視覚的アナログスケールで関節痛の程度を「痛みなし」から「これ以上ないほどの痛み」まで分類しました。

また、関節リウマチの炎症活性を臨床データで測定する疼痛指標ツール「DAS28(Disease Activity Score-28)」を用いて関節痛を評価しました。その後、参加者を2つのグループに分け、16週間にわたって実施しました。

食べるものが、関節の痛みや腫れに影響を与える可能性があるのです。

グループ1とグループ2

一方のグループには、4週間ビーガン食を指導し、その後3週間、痛みの原因となりうる食品を除去しました。その後、試験期間中、除去した食品を再び取り入れた。

もう1つのグループは、16週間、好きなものを食べてよいという無制限の食事療法を行いました。また、プラセボカプセルも投与されましたが、このカプセルは試験には何の影響も及ぼしませんでした。16週間が終了した時点で、2つのグループは食事内容を変更しました。 

結果

研究者らは、試験終了時に両群間でDAS28スコアに有意差があることに気づいた。ヴィーガン食の段階では、DAS28スコアが平均2ポイント低下し、関節痛がより軽減していることがわかりました。

また、腫れた関節の平均数も、ビーガン食の段階では7.0個から3.3個に減少しています。しかし、プラセボ群では4.7から5へと増加しました。研究者たちは、VAS評価が、プラセボ期に比べて、ヴィーガン期で有意に改善したことにも言及している。

その他の健康効果

関節の痛みと腫れの軽減だけでなく、菜食主義者はLDLとHDLコレステロール値の減少など、さらなる健康上のメリットをもたらすことがわかりました。

さらに、植物性食品を摂取した場合、体重が平均約14ポンド減少したのに対し、プラセボ食では約2ポンド増加したことも明らかになりました。

この研究は、予防医学と教育・研究におけるより高い倫理基準を重視する非営利団体、責任ある医療のための医師委員会(PCRM)が実施したものです。

カテゴリー: ブログ 健康・栄養

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。