コンテンツへスキップ →

オランダの都市が世界で初めて公共の場での食肉広告を禁止

ハーレム市は、地球への影響を考慮して、食肉の公共広告をすべて禁止しました。

オランダのある都市は、消費と温室効果ガスの排出を減らすために、公共スペースから肉の広告を禁止する世界初の取り組みに着手する。

アムステルダムの西約16マイルに位置するハーレムは、人口16万人で、食肉生産と気候危機の関連性からこの決定を下した。

今後、バス、シェルター、公共スペースのスクリーンなどでの食肉広告が禁止される予定です。すでに禁止されている飛行機、ガソリン車、化石燃料産業などの広告に加わることになる。アムステルダム、ライデン、ハーグでも禁止されているが、ハールレムはこのリストに肉を加える最初の都市である。

肉の広告を禁止する動議を起草したGroenLinks党の議員、Ziggy Klazesは、この政策を提案したとき、この市が世界で初めてこのような政策を実施するとは知らなかったと語った。
「肉も環境には有害です」と彼女はオランダの出版社Trouwに語った。「気候の危機があると言って、その原因の一部である製品を買うように勧めることはできません。」

「もちろん、この決定をとんでもない、見下したものだと思う人はたくさんいますが、それでいいと思う人もたくさんいます。」

最近の研究によると、世界の食糧生産は地球温暖化防止のための全排出量の3分の1を占め、食肉用の動物の使用は植物性食品の生産の2倍の汚染を引き起こすという。

二酸化炭素を吸収する森林は家畜の放牧のために伐採され、家畜の飼料となる肥料は窒素を多く含み、大気や水質の汚染、気候変動、オゾン層破壊の原因となる。また、家畜は強力な温室効果ガスであるメタンを大量に発生させる。

禁止令は、休日のフライト、化石燃料、化石燃料で走る車も対象にしている。この禁止令は、製品を販売する企業との既存の契約により、2024年まで延期される

グリーンピースの調査によると、2050年までにEUの目標であるネットゼロエミッションを達成するためには、肉の消費を現在の平均82kgに対し、一人当たり年間24kgに減らす必要があり、EU最大の肉輸出国であるオランダでは75.8kgになるという。

畜産業が環境に与える影響

畜産は環境にとって破滅的である。世界の温室効果ガス排出量の少なくとも14.5%を占めており、これは運輸部門全体を合わせた量よりも多い。

また、熱帯雨林の破壊の主な原因であり、アマゾンの森林破壊の約91パーセントに寄与しています。ビーガンと環境について詳しく知るにはこちらをご覧ください。

地球のために、肉食からのシフトを推奨する研究が増えています。例えば、2018年のオックスフォード大学の研究では、欧米諸国が気候破壊を避けるためには、牛肉の消費量を約90パーセント減らす必要があると提言しています。

また、今年4月に発表された別の研究では、先進国では肉の消費量を全体として75パーセント減らす必要があるとされています。研究者たちは、米国と一部のヨーロッパ諸国が、その高い食肉需要のために地球に負担をかけていることを明らかにした。

8月には、英国政府のフードツァー、ヘンリー・ディンブルビーが、肉の消費量を30パーセント減らす必要があると発言している。

植物由来の健康的な食生活を取り入れる方法については、こちらのブログ記事をご覧ください。

カテゴリー: ニュース ブログ

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。