コンテンツへスキップ →

ブラジルは毎年1,000万分のプラントベース食を学生に提供へ

地球と学生の健康に貢献する新しい取り組みとして

ブラジルの17万人以上の生徒が、植物性食品を使った健康的で持続可能な学校給食を受け取ることになります。

ブラジルのサルバドール市では、「Conscious Eating Brazil」、「Humane Society International」とサルバドール市役所が結んだ新しい協定により、毎年1000万食以上のサステナブルな食事が学生に提供されることになりました。

この食事は、生徒のニーズや嗜好、食文化を考慮して開発されたものです。野菜、豆類、穀物、果物など、植物由来の食材を使用する予定です。

この新メニューは、学校側に追加費用はかかりません。また、提携団体は、関係する教育施設が適切なリソースと材料でサポートされることを保証するとしている。

また、栄養士、シェフ、メニュー開発の専門家からなるチームも提供される予定です。参加する教育機関は、植物由来の食事づくりのトレーニングも受けることになる。

植物性食品を使った学校給食がもたらす影響

この新しい植物性給食プログラムにより、75,000トンのCO2排出量を削減することができます。さらに、4億リットルの水と160km2の森林が節約されることになります。

しかし、この新しい取り組みは持続可能性だけでなく、より多くの生徒が栄養価の高い食事にアクセスできるようにすることも目的としています。

サルバドール市教育長のマルセロ・オリベイラ氏は、「このアイデアは、生徒の食習慣に長期的な変化をもたらすものです」と声明の中で述べています。

「今日ブラジルでは、市立学校システムの対象である貧困層を中心とした子どもたちが、推奨される量の果物や野菜を摂取しておらず、タンパク質源は動物由来の製品に集中していることが分かっています。」

彼らはさらに、「だから私たちの提案は、子供たちが一生健康的な味覚を形成するように促すことです。」と付け加えました。

実は日本でもビーガン給食が話題になっています。
様々な意見が飛び交っていますが、食事の選択肢が増えることはいいことだと言えるでしょう。

カテゴリー: ニュース ブログ

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。