コンテンツへスキップ →

バーガーキングは、大手ファーストフードチェーンとして初めて肉類を廃止するのか?

ロンドンで完全菜食主義者のための店舗をオープンし、ドイツではすべてのメニューに肉なしバージョンを提供するなど、バーガーキングは完全に肉なしのファストフードチェーンになろうとしているのだろうか。

昨年末に250以上のレストランで行われた試みが成功し、マクドナルド初の植物性バーガーがついにイギリスとアイルランド全土で試食できるようになった。マクプラント・バーガーは、スパイシー・ベジ・ワン・ラップやベジ・ディッパーズなど、マクドナルドが提供するビーガンメニューの一つであり、その名称もマクドナルドにふさわしい。

植物由来の肉を生産するビヨンド・ミート社と共同開発したマックプラントバーガーは、3年の歳月をかけて作られたパティが特徴です。マクドナルドのミートパティの味と品質を維持するために開発・設計されたマックプラントバーガーは、ファーストフードチェーンによると「究極のビーガン代替品」であるという。

毎週、ファーストフードチェーンのバーガーキングが、期間限定のプロモーションとして、あるいはミートレスメニューの拡大の一環として、新たな店舗でミートレス化を行ったというニュースを耳にすることがある。世界には、完全ビーガンの方向けに店舗をオープンしたところもある。バーガーキングは、近い将来、動物性食品に完全に取って代わることを示唆しているのだろうか?

近年、バーガーキングは、植物性の肉が急速に新しい標準になりつつあることに自信を深めており、将来どのようなメニューになるかのビジョンを共有している。現在までに、バーガーキングは70カ国で植物性バーガーを導入しており、世界中のレストランで植物性メニューを提供することを最終目標としている。英国でも、バーガーキングは二酸化炭素排出量削減の一環として、2030年までに50%以上の植物由来のメニューを提供することを約束している。この移行には、動物由来の牛肉や鶏肉から植物由来の代替品へのシフトが必要であり、ワッパーやナゲットといった定番メニューのビーガン版への注目が高まります。

バーガーキングの国際マーケティング責任者であるSabrina Ferretti氏は、同チェーンが植物由来のファーストフードのリーダーになるために積極的に取り組んでいると海外ベジーメディアのVegNewsに語っています。「バーガーキングは、比類のないバーガーキングの味を犠牲にすることなく、動物性肉の代用品を希望するすべての人においしい代替品を提供するために、各国で植物性メニューを拡大しています」とFerrettiは言います。「私たちの究極の目標は、バーガーキングをクイックサービスレストラン業界で最も美味しい植物性食品を提供するリーダーであり、行きつけのチェーン店であると位置づけることです。」

バーガーキングのミートレスミッション

バーガーキングは、2019年に米国の一部の店舗でインポッシブル・ワッパーを初めて導入し、インポッシブル・バーガーをメニューに加えた最初の全米ファストフード・チェーンの1つとなりました。Impossible Foods社製の植物性パティに、スライストマト、レタス、マヨネーズ、ケチャップ、ピクルス、スライスオニオンなど、ワッパー定番のトッピングを盛り付け、マヨネーズ抜きで完全植物性にも対応できるようにしたものです。この「インポッシブル・ワッパー」は地域限定で発売され、瞬く間に人気を博し、全国7,000店以上の店舗で展開されることになった。

皮肉なことに、「インポッシブル・ワッパー」の発売はエイプリルフールに行われた。「人々が実際に動物から作られたと信じているハンバーガーを、植物から作られたと言われるという意味で、メタなエイプリルフールのジョークと考えることができます」と、Impossible Foodsの創業者パトリック・ブラウンは、2019年にCNETに語っています。「皆様はエイプリルフールのジョークだと思うだろうが、そうではない。」

昨年、バーガーキングはImpossible Foodsとの提携を拡大し、同ブランドのヴィーガン・チキンナゲットを3つのテスト市場でメニューに加え、再び、当時としては新しいナゲットを提供する最初の大手チェーンとなり、アイオワ州のデモイン、マサチューセッツ州のボストン、フロリダ州のマイアミのバーガーキング店舗でディッピングソースを選んで8ピースを注文することができた。そして先月は、Impossible Foodsの植物から作られた新しい「Impossible Chicken Patties」を使った、ファンに人気のオリジナルチキンサンドイッチの植物性バージョンが、オハイオ州シンシナティ店のメニューに期間限定で登場しました。

バーガーキングはこのほど、Impossibleのラインナップに加え、Impossible KingとSouthwest Bacon Impossible Whopperの2つのメニューを米国で発売しました。どちらもImpossible Foodsの植物性パティを使用していますが、Impossible Kingには通常のチーズ、Wopperには通常のベーコンとチーズという形で動物性食品も入っており、完全植物性バーガーに挑戦することにためらいがあり、肉の消費を制限している消費者をターゲットにした方法となっています。

「私たちがお客様に「Have it Your Way」と言うとき、それは本心です。私たちは、お客様に選択の余地を与えることを大切にしています。ピクルスやマヨを外すだけでなく、炎で焼き上げる当店の象徴的なメニューを自由に楽しんでいただくことができます」とフェレッティは言う。「インポッシブル・ワッパーやワッパーJr.のスタッカー・ソースのような植物由来の代替品を選んでも、私たちは炎で焼き上げる味を、選択肢とともに提供するのです。」

バーガーキング、世界各地でミートレス化

特に、ユニリーバ傘下でヨーロッパ全域に植物性肉を供給しているThe Vegetarian Butcher(日本でも展開しています)との提携を通じて、米国以外にも世界中で何らかの形でミートレスメニューを導入している。最近、ドイツの店舗では、すべてのメニューに肉なしのオプションを提供するようになり、その結果、同国のチェーンでは植物性食品の種類が倍増した。同様にオーストリアでも、同チェーンは植物性の食事を常態化させるため、ハンバーガーを注文する際に「レギュラーかミートベースか」を選択できるキャンペーンを導入した。

オーストリアにおけるバーガーキングのアプローチは、2019年にスウェーデンで行われたキャンペーンを彷彿とさせる。そこでは、バーガーキングは、革新的な「50/50メニュー」で、植物由来のオプションである「Rebel Whopper」と「Rebel Chicken King」を、顧客にあえてやみくもに注文させることで宣伝しました。その結果、お客さまは植物性食品か肉類を使ったサンドイッチのどちらかを受け取り、その違いがわからないというもので、バーガーキングが植物性食品に自信を持っていることがよくわかりました。さらに、ビーフバーガーを植物性食品に変えてもらうために、先週、英国でNational Burger Dayとして植物性食品のWoppersを10,000個配布しました。

「新しい提案を効果的に伝えるためには、あらゆる接点が関連するのです」とフェレッティは言います。「レストランは、メニューとバーガーキングの取り組みの認知度向上、ゲストの教育、障壁への対処という3つの目標の重要な要素です。最も成功したベンチャーは、これらの目標に関連するユニークな、360度の植物由来の体験を提供しています。」

バーガーキングはヴィーガンになるのか?

バーガーキングは、最も人気のある商品の植物性バージョンなどを提供する唯一の大手ファーストフードチェーンではないが、肉を使わない、あるいは完全菜食主義者の店舗をテストすることに関しては、先行している。昨年の夏、バーガーキングはドイツのケルンにある1店舗を完全に肉なしの店舗に改装し、肉を使わないメニューに顧客がどのように反応するかを探った。

また、スペイン、チリ、スイス、ロンドンでも同様のコンセプトで実験している。後者では、バーガーキングは3月の1ヶ月間、旗艦店であるレスター・スクエア店を完全菜食主義の店舗に変身させた。メニューには、植物性食品を使った定番のワッパーやヴィーガン・チキンナゲットのほか、日本風のヴィーガン・カツ・ロワイヤルや植物性カツチリ・ワッパーなど、より冒険的なメニューを含む25種類の植物性食品を用意した。

これらの成功したポップアップに続いて、先月バーガーキングはコスタリカに完全植物ベースのポップアップをオープンし、中米にキャンペーンを持ち込んだ。このポップアップ・ロケーションはサンホセにあり、植物由来のワッパーズとしてはラテンアメリカで2番目に大きな市場であり、1個あたりの売上では6月時点で世界で4番目に大きな市場となっています。サンノゼ店のメニューは、ベジ・ワッパー、ベジ・ナゲット、キング・デ・ポーロ・ベジなどのメニューが用意されています。

日本のバーガーキング

日本のバーガーキングでも、植物性食品を使ったメニューを実験的に導入しています。例えば、2020年12月11日、バーガーキング・ジャパンは、「プラントベースワッパー 」を全国に発売しました。これは、消費者がこの植物性オプションはヴィーガンであると思いながらも、バンズやマヨネーズに卵や乳製品が使用されていたため、若干混乱を招きました。昨年、バーガーキング・ジャパンは、バンズをパティに置き換えた100%植物由来のバージョン2のワッパーを提供開始しました。近い将来、日本のバーガーキングでも、より多くのヴィーガンメニューが登場することを期待したい。

フェレッティは、肉なし店舗の継続は、最終的には消費者の需要によって駆動されていることをVegNewsに語っています。「私たちの最近の植物ベースのポップアップは、指定された期間なしで開き、私たちは彼らが私たちのゲストに関連している限り、それらを維持する」とフェレッティは言う。「お客様とその需要が、最終的に各レストランとその植物ベースの提供物の寿命を決定します。」とFerrettiは言います。

バーガーキングは、メニューを革新し、より植物由来のオプションの販売に注力する努力を続けているので、需要があれば、日本も含めてバーガーキングの肉なしロケーションが新しい標準になるのを見るだけかもしれない。

カテゴリー: ニュース ブログ

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。