コンテンツへスキップ →

植物性アスリート同士の対決・ノバク・ジョコビッチ、ウインブルドン7度目の優勝

今年のウィンブルドンは、植物性アスリートのノバク・ジョコビッチ選手が優勝しただけでなく、決勝戦では2人の植物性アスリートが直接対決をしました。

ノバク・ジョコビッチは、世界で最も有名なプラントベース(ヴィーガン)アスリートの一人で、この試合に勝利し、7度目のウィンブルドン・タイトルを獲得した。「明らかに、プラントベース(ヴィーガン)アスリートとして大きなインパクトがある。

「人々があまり話題にしない気候変動にも大きな影響を及ぼしていることは明らかです。私にとって、これはパフォーマンスというよりも、ライフスタイルです。僕が本当に誇りに思っていることであり、このコミュニティが成長することを願っているんだ」とノバクは付け加えました。

ウィンブルドン決勝では、ノバク・ジョコビッチと、同じく植物由来のアスリートであるニック・キルギオスの戦いが繰り広げられました。ニック・キルギオスは、「私はもう肉も乳製品も食べません。それは健康のためではなく、ただ動物を食べることを信じていないからだ」と語っている。

皆さんがプラントベースな食事を取り入れるきっかけが人それぞれで違って面白いと個人的に思う。

植物性の食事に切り替えると、競争力が高まるということに、さらに多くのプロスポーツ選手が気づく日もそう遠くはないでしょう。

日本で活躍されているプラントベースのアスリートもますます増えている。

=====

世界で活躍されているベジーアスリートについてもっと詳しく知るには、 Netflixにある「ゲームチェンジャー: スポーツ栄養学の真実」をぜひご覧ください。

また、タンパク質が多く含まれているビーガンレシピはこちらをご覧ください

カテゴリー: ニュース ブログ

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。