コンテンツへスキップ →

ビリー・アイリッシュ、「Happier Than Ever」ツアーでファンに植物性食品を食べるよう奨励

ヴィーガンのシンガーソングライターは、再び植物由来のメッセージを広めるために自身の影響力を利用しています。

ビリー・アイリッシュのコンサート来場者に、植物由来の食品をもっと食べるようにと、彼女の母親が公演前にメッセージを送っているそうです。

4月16日、ビリーはHappier Than Everツアーのロサンゼルス公演で、大ヒット曲のメドレーを披露するため、ファンを集めました。

しかし、SNSで共有されたクリップに見られるように、彼らはアイリッシュの母親であるマギー・ベアードからのプロモーション動画も目撃することになりました。この映像の中でベアードは、食糧難に焦点を当てた植物由来の組織「Support + Feed」について語っています。

2020年に設立された「Support + Feed」は、食糧の不公正と気候危機に同時に取り組むことを使命としています。

当初は、パンデミックの中、第一応答者や弱い立場の人々に栄養価の高い植物ベースの食事を提供するために設立された組織です。そして同時に、滞在型対策で苦境に立たされていたロサンゼルスのレストランを支援する。

人々はお気に入りのビーガンレストランに注文し、その食事を必要としている人々に寄付することができたのです。

現在、「Support + Feed」は、気候変動にやさしい植物ベースの食生活を推進する本格的な非営利団体へと発展しています。現在、同団体が行っているキャンペーンは、30日間、1日1食を植物性食品にすることを奨励するものです。

ビリー・アイリッシュの気候変動に配慮したツアー

アイリッシュのコンサートでは、ベアードがこう述べています。「ビリーと彼女の家族全員が気候変動を非常に懸念していることは、皆さんもご存知だと思います。」

「30日間、1日1食以上植物性食品を食べるという誓いを立てることで、あなたは地球を救う手助けをすることができます。」

このプロモーション動画は、アイリッシュ、「Support + Feed」、そしてヴィーガンフードブランドの「Wicked Kitchen」のパートナーシップによって制作されたものです。Wicked Kitchenはベアードの団体と提携し、10万食の植物性食品を寄付しています。

植物性を中心にした食事を取り入れることによって、地球に大きな影響を与えることができる。畜産業は、森林破壊、温室効果ガスの排出、水の浪費など、さまざまな環境問題の原因となっているのだ。

簡単な数字でビーガンと環境の繋がりをもっと詳しく勉強するには、ぜひこちらをご覧ください。

また、ビーガンを食べることでそもそもどれぐらい地球環境に貢献できるかを楽しく計算するには、こちらのビーガンの電卓を使ってみてください。

アイリッシュは、植物性食品を使用するという誓約を推進するだけでなく、自分のツアーが可能な限り環境に優しいものになるよう、他の対策も講じています。

音楽業界に特化した環境NPOである「REVERB」とパートナーシップを結びました。この団体は、ツアーが環境に与える影響を低く抑え排出物をオフセットすることを保証しています。

また、アイリッシュの各公演では、ファンが気候変動対策について学び、寄付と引き換えに再利用可能なカスタム水筒を入手できるエコビレッジが設けられています。

ビリーは12歳の時にビーガンになったことをヴォーグのインタビューで明かしています。

早くまた日本に遊びに来て欲しいですね!

カテゴリー: ニュース ブログ

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。