コンテンツへスキップ →

マクドナルド、イギリスとアイルランドで植物性バーガーを発売

昨年末に250以上のレストランで行われた試みが成功し、マクドナルド初の植物性バーガーがついにイギリスとアイルランド全土で試食できるようになった。マクプラント・バーガーは、スパイシー・ベジ・ワン・ラップやベジ・ディッパーズなど、マクドナルドが提供するビーガンメニューの一つであり、その名称もマクドナルドにふさわしい。

植物由来の肉を生産するビヨンド・ミート社と共同開発したマックプラントバーガーは、3年の歳月をかけて作られたパティが特徴です。マクドナルドのミートパティの味と品質を維持するために開発・設計されたマックプラントバーガーは、ファーストフードチェーンによると「究極のビーガン代替品」であるという。

このバーガーには、エンドウタンパク質の代用品を使ったスライスチーズ、新しいビーガン用サンドイッチソース、ビーガン用ゴマバンズも含まれている。また、他のハンバーガーやサンドイッチとは別に「専用の調理器具を使って」調理されると、マクドナルドは声明で説明している。

2022年1月5日に正式に発売されたマックプラントバーガーは、イギリスとアイルランド全土で、単品で3.49ポンド、ミディアムエクストラバリューミールの一部として4.89ポンドで購入できるようになりました。発売を記念して、Rosie Ramsey、Coronation StreetのSimon Gregson、ボクサーのLawrence Okolieなどの著名人が、この植物由来の味を試食し、大絶賛しました。

マクドナルドのマーケティング最高責任者であるミシェル・グラハム・クレアは、「私たちは、マクプラントバーガーが正式に “どこでも “食べられるようになり、より多くのお客様に味わっていただけることを大変うれしく思っています」と述べています。「10月に実施した試食会では目覚ましい反響があり、マクドナルドからより多くのお客様においしい選択肢を提供できることを改めて誇りに思います。マクドナルドの象徴的な味はそのままに、植物由来の味を実現しました。

2022年8月に2日間ロンドンを訪れた際、私も新しいヴィーガンバーガーを食べる機会がありました 今では10年近くマクドナルドで食事をしていませんが、ヴィーガンバーガーの味はすぐにあのマクドナルドの象徴的な味の記憶を蘇らせたと自信を持って言うことができます。

早く日本にもマックプラントが導入されないかな~!?

カテゴリー: ニュース ブログ

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。