コンテンツへスキップ →

植物性ミルクの選び方|お菓子作り、シリアルやコーヒーにはなにがいいでしょうか?

コーヒーやカレーにどのビーガンミルクが一番合うか、気になったことはありませんか?最近はスーパーで並んでいる植物性ミルクの種類が爆発的に増えていますよね。そこで何を買えばいいのかわからないという方、こちらの投稿をぜひ参考にして見てはどうでしょうか? ここでは、植物由来のミルクをどの時に使えばいいのか、おすすめの方法をご紹介します。

オートミルク:コーヒー・紅茶

オーツミルクはカフェで大きな反響を呼んでいますが、その理由は簡単です。他の植物性ミルクよりも泡立ちがよく、ホットドリンクに適した硬さを持っているからです。その汎用性、ほんのりとした自然な甘さ、ニュートラルな風味は、コーヒーや紅茶の味とシームレスに調和します。海外で大人気のオーツミルクブランドのOatlyはバリスタ版まで作っています。

アーモンドミルク:シリアル

アーモンドミルクは、朝のシリアルを引き立てるのに理想的な濃さを持っています。とても軽い口当たりで、ナッツのような香ばしさがあり、カルシウムやビタミンD、E、B12が強化されていることもあります。このビーガン朝ご飯は、一日の始まりにぴったりです。

ココナッツミルク:カレー

缶詰のココナッツミルクは、コクと甘みと素晴らしい香りで、様々な料理に魔法をかけてくれますが、そのクリーミーな質感はカレーにぴったりです。鉄分、ビタミン、カルシウムなど、さまざまな栄養素が含まれています。レッドタイカレーやタイグリーンカレーのレシピを参考にしてみてください。さあ、お召し上がりください。

また、スーパーで見つかるパックのココナッツミルクを飲むと、一日中おいしく水分補給もできます。

豆乳:お菓子作り

お菓子作りに情熱を注ぐなら、豆乳がおすすめです。豆乳はそのまま牛乳の代わりに使うことができるし、濃厚でクリーミーな豆乳はお菓子作りに必要な食感と粘りを与えてくれます。脂肪分は牛乳の約半分、カロリーは3分の1、そしてタンパク質がとても高いから一番よく飲んでいます!

豆乳は、日本の伝統的な飲み物なのでどこでも手に入るのでとても便利です!実家のアメリカでは植物性のブームが来る前は、ほとんど販売していなかったです。

カシューナッツナッツミルク:アイスクリーム

カシューミルクはクリーミーで満足感があり、冷凍して撹拌すると他のミルクにはない素晴らしい贅沢な口当たりになります。ネットで調べると簡単に家で作れるレシピがたくさんあるのでぜひお試しください。

日本ではカシューナッツミルクがまだまだ少ないのですが、これからどんどん増えていきますのでとても楽しみですね!

まとめ

今回は植物性ミルクについての紹介でしたがいかがでしょうか?こちらはあくまでもおすすめな使い方ですが、他にとても美味しい組み合わせが山ほどあります!例えばスターバックスに行く時は基本的にオーツミルクを頼むことが多いですが、ドリンクによっては他も相性がとてもよかったりしますので色々と自由にお試しすることがおすすめです!!

なぜ植物性ミルクを選んだ方がいいのでしょうか?

他の動物性食品と同様に、生産するには大きく環境に負担をかけることに繋がります。

ビーガンと環境の繋がりを分かりやすく勉強するならこちらをご覧ください。

また、健康面や動物愛護の面でも様々な情報がどんどん出てきていますので、自分に合う植物性ミルクをこちらからぜひ探してみてください。

最後に、ただ単に美味しい種類が多くて楽しいからです!!

カテゴリー: ブログ ライフスタイル

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。