コンテンツへスキップ →

植物性食品の売上は2018年以降54%増の74億ドル

数字が出ましたが、植物性食品のドル売上は74億ドルに達し、過去3年間で54%増加したのに対し、食品全体の売上はわずか2%しか増加しませんでした。

植物性食品のドル売上は2021年に74億ドルに達し、2018年以来54%成長し、過去3年間で2%しか成長しなかった食品全体のドル売上を大きく上回った。このデータは、非営利団体Good Food Institute(GFI)がまとめた新レポートで発表されたもので、販売個数に関しては、食品全体の売上が横ばいだったのに対し、植物由来の食品業界は2018年から6%の成長を遂げたことも指摘されています。

2021年には、植物由来の牛乳、肉、卵といったカテゴリーの製品のドル売上が、代替を目指す動物性食品の売上を上回った。最大の成長は、植物由来の卵、クリーマー、レディトゥドリンク飲料のカテゴリーで発生し、そのドル売上はそれぞれ42%、33%、22%増加した。一方、動物由来の卵のドル売上は4%減少し、乳製品ベースのクリーマーは停滞し、非植物由来のRTD飲料は3%にとどまりました。

「植物由来のカテゴリーが市場でより大きなシェアを獲得し続けるために、製品の革新が不可欠だ。より多くの消費者に植物由来の食品をより頻繁に食べてもらうために、動物性食品に対抗できる味と食感の改善、製品の多様化、手頃な価格とアクセスの向上が必要」と、GFIの調査分析マネージャー、カレン・フォーマンスキーは声明で述べている。「企業が植物性食品の持続力を認識するにつれ、食品業界は、動物性食品と競合する植物性代替食品の大きな可能性を最大限に引き出すために、これらの機会をとらえる必要がある。」

植物性食品の売上は動物性食品を上回る 

これらの代替品の可能性は大きい。GFIの数字によると、植物性の肉を購入するアメリカ人の98%という圧倒的多数が動物性の肉も購入しており、これらの製品の総取扱可能市場はビーガンやベジタリアンをはるかに超えていることを意味する。2021年には、アメリカの10世帯のうち6世帯が植物由来の食品を購入し、COVID-19の大流行で食料品の購入が急増した2020年からわずかに増加した。

市場シェアに関しては、乳製品、肉、卵の代替品として植物由来のものが動物由来のものを上回り、牛乳市場全体における植物由来のミルクのシェアは2018年の12%から16%に上昇した。GFIは、植物性ミルクの世帯普及率は72%であり、植物性代替食品を家族に紹介する際のトロイの木馬のようなものであることも発見した。2021年には、買い物客の79パーセントが複数の植物由来の食品カテゴリーでリピート購入し、植物由来のミルクがリピート率76%でトップ、次いで植物由来の肉が64パーセントとなった。

味、価格、利便性という主要なドライバーで消費者にアピールする製品開発やカテゴリーイノベーションが増えるにつれ、植物由来のカテゴリーが植物由来のミルクの軌跡をたどり、それぞれのカテゴリーでより大きなシェアを獲得すると予想されます」とGFIは報告書に述べている。

植物性肉の人気は落ちている?

植物性肉への関心が鈍化しているとの憶測もあるが、GFIの報告書にある販売数はそうではないことを示している。2018年以降、植物性肉と魚を使わないシーフードの売上は74%伸び、2021年には14億ドルに達し、動物性肉の伸びを3倍上回った。

「過去数年間、食品業界では複数のサプライチェーンの混乱と広範な変動が見られた。植物性食肉の販売数量は、2020年の過剰な刺激の後、2021年には動物性食肉ほどではないものの、緩やかに減少した。植物性肉と動物性肉のドル売上はともに、2020年から2021年にかけて横ばいとなった」とGFIの報告書は述べている。「より長いタイムスケールでは、動物性タンパク質市場はインフレに見舞われている。過去3年間、従来の肉のドル売上は、その単価の3倍の速さで増加し、見かけ上の成長は、単価の上昇のみによってもたらされていることを示している。」

このデータに基づき、GFIは、植物性食肉は植物性ミルクと同様の軌道をたどる可能性があり、業界の規模の拡大が進んでいることから、代替肉は近いうちに、代替を目指す動物性のものよりも安価になるかもしれないと予測している。また、世界の代替タンパク質セクターは2021年に過去最高の50億ドルの投資資金を調達したが、GFIはこの産業の成功は「必然」ではなく、さらなる支援が必要であると説明している。 

「消費者の需要を満たし、さらに刺激し、植物性タンパク質が消費者の選択(味、価格、アクセス性)のテーブルステークで従来の製品と競争できるようにするには、民間と公共部門の両方からより大きな投資が必要です」と、GFIは報告書で述べている。「このような投資により、植物性タンパク質の可能性を実現し、何十億もの人々に持続的かつ効率的に食料を供給し、公衆衛生を守り、将来のパンデミックのリスクを軽減し、食肉生産による地球環境への影響を軽減することができる」

カテゴリー: ニュース ブログ

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。